住宅街

注文住宅と建売住宅の違い

キッチンとダイニング

注文住宅は自分の好きなところに家を建てることができますが、まずは家を建てるための土地探しから始めなければならないため、その分の時間と労力が必要になってきます。しかし、建売住宅であれば最初から土地と建物がセットになっているので、そのような苦労をせずに家を手に入れることができます。また、注文住宅の場合はお金に余裕さえあれば法律の許す限りどれだけでも自分の好きなように家を設計することができるので、非常に凝ったデザインに仕上げることもできますし、自分の住み心地の良いようにライフスタイルに合わせた設計にすることもできます。そして建売住宅も最近ではデザイン重視で建てられているものがありますが、あまり凝りすぎたものにしてしまうと買い手が限定されてしまうため、通常は間取りや造りに関しては一般的な形にしてあります。また、価格については場合にもよりますが、やはり注文住宅の方がより高く費用がかかるということができます。そして家を手に入れるまでの期間に関しても注文住宅は土地を探して家の設計をし、それから建て始めるという流れになるため、どんなに早くても9ヶ月位はかかるということになりますが、建売住宅であれば条件に合うものさえ見つかればすぐにでも購入することができるので、その点では建売住宅の方が楽だと言えます。このように、注文住宅と建売住宅には様々な違いがあるのです。

What's New

2016/03/09
注文住宅の知識を学ぶ為のセミナーを更新。
2016/03/09
注文住宅と建売住宅の違いを更新。
2016/03/09
注文住宅は楽しい選択の連続を更新。
2016/03/09
自分の城は自分で決めるを更新。